スマホ ガラケー 2台持ち

スマホとガラケーの2台持ち

スマホとガラケーの2台持ちする人が増えてきています。

 

これは、スマートフォンとガラケーを1台ずつ契約し、2台持ちするという意味です。

 

では、なぜそんなことをするのでしょうか?スマホとガラケーを2台持ちすると、その分毎月の使用料が増えてしまいそうなイメージがあります。

 

 

 

ですが、実際は全く逆となります。

 

実は、スマホとガラケーを2台持ちすることで、大幅に月額使用料を下げることができるのです。

 

スマホとガラケーの2台持ちだとどのくらい料金が下がる?

 

スマホとガラケーを2台持ちしたら料金が上がっちゃうのでは? という人もいるでしょう。2台契約するのですから、それも当然の反応です。

 

結論から言うと、

スマホの毎月の使用料:1000~3000円程度
ガラケーの毎月の使用料:1000円程度

 

合計使用料:2000~4000円程度

このような形で2台契約できます。もちろん、スマホはインターネット使い放題ですし、ガラケーは通話し放題となります。

 

スマホ1台だとどうしても6000円程度かかりますから、ガラケーと2台持ちの方がずっとオトクということになります。

 

2台持ちの場合、最安だと2000円以内に収めることができるので、スマホ1台持ちで7000円近く払っていた場合は5000円程度の節約が可能となります。

 

1台持ちより2台持ちのほうが安くなる…こんな不思議なことが簡単に実現できるのです。

 

なんでスマホとガラケーを2台持ちすると料金が下がるの?

スマホやガラケーの中には、「SIMカード」と呼ばれるチップが入っています。SIMカードには契約情報などが記録されており、通話やモバイルデータ通信の管理をしています。そのためSIMカードをスマホやガラケーから引き抜くと通話やデータ通信ができなくなります。要するに、このSIMカードに毎月6000円以上の料金を払っているような形になります。

 

ところが、最近ではこのSIMカードを格安で販売する業者(MVNO)が現れてきました。そういった業者からSIMカードを購入し、スマホに挿入すれば、最安で月額1000円以下でのデータ通信が可能となるのです。

 

ガラケー自体は、通話のみであればドコモやau、ソフトバンクで月額1000円程度で契約できるので、格安SIMを挿入したスマホと、通話のみ契約のガラケーを2台持ちすることで、スマホ1台持ちよりもずっと安く利用することができるようになるのです。